シートに入っているカプセル
カプセル

3つの種類

ピルには3つの種類があります。低用量ピル、アフターピル、高用量ピルそれぞれどのような効果や副作用があるのか?詳しく紹介していますので、特徴を知って自分に合ったものを選びましょう。

避妊のためにも

瓶から出ている薬

愛するパートナーとSEXをする…こうした行為はとても自然です。しかし、子供はまだ授かりたくないという場合には、SEXをするときに避妊をする必要があります。
日本ではコンドームを使用した避妊が一般的となっていますが、確実に避妊できるというわけではありませんし、中には避妊に非協力的な男性もいます。こうした場合、妊娠の可能性はアップしてしまいます。
SEXをしているときは避妊をしないことを受け入れてしまったものの、終わった後は「生理がこなかったらどうしよう…」と不安になってしまいます。
こうした不安を避けるためにピルという薬が用いられることがあります。

ピルというのは避妊薬として使用されるお薬です。
いくつか種類がありますが、一般的なのは低用量ピルやアフターピルと呼ばれている種類の薬です。低用量ピルというのは日頃服用していることで避妊効果を得られるお薬で、アフターピルは性行為をした後に服用するタイプのお薬です。
それぞれ女性ホルモンをコントロールして避妊効果を得るという作用になります。

女性であればピルの存在を知っている方が多いと思いますが、「副作用が強い」というイメージを持たれている方が目立ちます。
しかし、実際には低用量ピルはほとんど副作用がありませんし、アフターピルも服用時に工夫すれば副作用は抑えられます。
そのため、どんな方でも安心して低用量ピルやアフターピルを服用することができます。

低用量ピルもアフターピルも高い効果がありますが、副作用というリスクがありますが、薬についてよく知っておくことで副作用のリスクを軽減させることが可能です。

アフターピルの効果について詳しくはコチラ

白い錠剤

服用すれば

低用量ピルやアフターピルは避妊目的で服用するものというイメージがありますが、実際には避妊以外の効果もあります。そのため、女性特有の悩みを抱えているという方はピルを活用しましょう。

カプセルと錠剤

軽減させる

低用量ピルは副作用の心配は不要ですが、アフターピルは副作用が起こりやすいです。しかし、飲み方に工夫をすれば副作用の心配はいりません。避妊効果を得たい、生理痛を軽減させたい!こうした場合に上手に活用しましょう。

手のひらの薬

テーマ一覧

「効果・副作用のヒミツ~アフターピルや低用量ピルは怖いか~」のテーマ一覧です。