軽減させる|効果・副作用のヒミツ~アフターピルや低用量ピルは怖いか~
シートに入っているカプセル

軽減させる

カプセルと錠剤

ピルというと避妊薬として用いられる、副作用が強いというイメージがあります。
しかし、避妊薬以外にも利用されていますし、副作用が強くないピルもあります。また、副作用が強いピルであっても服用時に工夫をすれば副作用を軽減させることができます。ここでは、副作用で悩まないための方法をご紹介します。

ピルの中でもアフターピルや高用量ピルは効果が強い分、副作用が起こりやすいです。
副作用の症状には個人差がありますが、多くの症状は嘔吐感です。一気に女性ホルモンを摂取するということなので、体に変化が起こるのは仕方がないことです。嘔吐感を我慢できれば問題ありませんが、中には嘔吐感が辛くて嘔吐してしまう方も居ます。しかし、アフターピルを服用して3時間以内に嘔吐してしまった場合には薬の効果が得られませんので、再度服用する必要があります。

アフターピルを服用して嘔吐してしまった経験がある場合、アフターピルを食後に服用するようにする、牛乳を飲んでから服用すると症状は軽減されます。また、アフターピルを服用する際に市販の胃薬などを服用しても症状は軽減されます。
このように飲み方に服用すれば、症状に悩むことはなくなります。

また、どうしても副作用が心配という場合には、アフターピルで緊急避妊するのではなく、低用量ピルを毎日服用するようにしましょう。低用量ピルは、女性ホルモンの配合量が少ないので副作用の心配も必要ありません。

低用量ピルやアフターピルは、病院でも処方してもらえますし通販でも購入できます。
避妊効果を得たい、生理に関する悩みを軽減させたいというような悩みがあれば、是非とも購入しましょう。