服用すれば|効果・副作用のヒミツ~アフターピルや低用量ピルは怖いか~
シートに入っているカプセル

服用すれば

白い錠剤

低用量ピルやアフターピルというのは避妊目的で服用されています。
しかし、低用量ピルやアフターピルというのは、避妊以外の効果もあります。よって、上手にピルと付き合うことで体の悩み解消にもつながることでしょう。
では、低用量ピルやアフターピルには避妊以外にどのような効果があるのか?ここで得られる効果をご紹介します。

・生理不順解消
ピルには女性ホルモンが配合されています。生理不順は女性ホルモンの乱れによって引き起こされていますので、服用することで乱れを整え、生理周期を正常に戻すことができます。

・生理痛軽減
生理痛は必ずあるというものではありませんが、生理痛が強くて日常生活を送るのが困難という方も居ます。こうした場合、低用量ピルやアフターピルを服用することで痛みを軽減させることができます。また、出血量も少なくなるという効果があります。

・生理周期をコントロール
旅行やイベントがあるときに生理になれば気分は下がってしまいます。しかし、ピルを服用すれば生理周期をずらすことができます。そうすれば、旅行やイベントを大いに楽しむことができます。

・病気予防
近年の研究では、婦人系の病気である子宮内膜症や子宮筋腫などの予防効果があることもわかりました。生理に関する悩みはないという方でも、今後の病気対策として服用すれば、健康を維持することができます。

低用量ピルやアフターピルにはこのような様々な効果があります。
副作用もほとんどありませんので、どなたでも安心して服用することができるでしょう。しかし、それでも副作用が心配…こうした方も居るでしょう。ただ、副作用のリスクを最小限にまで軽減させる方法もありますので、他のページでチェックしましょう。